鈴鹿市議会《市民クラブ》の公式サイトです

視察研修等報告 第6回全国市議会議長会研究フォーラム

平成23年10月12日から10月13日に下記のとおり実施いたしましたので報告いたします。

1 実施日       平成231012日 から1013

 

2 参加者名      大西 克美、太田 龍三

 

3 視察先及び事項   第6回全国市議会議長会研究フォーラム

                                     

主催:全国市議会議長会

後援:総務省

実施:6回全国市議会議長会研究フォーラム実行委員会

期日:平成231012(水曜日)から同年1013(木曜日)まで

場所:青森市文化会館

参加者:全国の議長ほか自治体関係者等約2400

 

4 視察概要      

  日程

  第1日 平成231012日(水)

 1300   開会式

 1320   第1部 基調講演

           「二元代表制と地方議会改革」

           増田寛也

           元総務大臣・野村総合研究所顧問

東京大学公共政策大学院客員教授

 1420   休憩

 1440   第2部 パネルディスカッション

           「地方議会と直接民主主義について」

      コーディネーター 新藤 宗幸

            (株)東京市政調査会研究担当常務理事

       パネリスト 宇賀 克也

東京大学法学部教授

           金井 利之

            東京大学公共政策大学院教授

           青山 彰久

            読売新聞東京支社編集委員

           花田 明仁

            青森市議会議長

 1640   次期開催地挨拶

 1650   終了・移動

 1715   第3部 意見交換(会場:ホテル青森) ※不参加

 1815   終了

a9.jpg

a10.jpg

  第2日 平成231013日(木)

900   第4部 課題討議a11.jpg

         「議会基本条例について」

     コーディネーター 牛山 久仁彦

            明治大学政治経済学部教授

       報告者 佐々木 勇一

帯広市議会副議長

           玉川 喜一郎

            越前市議会議員

           安本 美栄子

            伊賀市議会議長

           池田 惠一

            京丹後市議会議長

 1100   閉会式

 1130   第5部 視察 ※不参加

 

所見

増田 寛也氏の「二元代表制と地方議会改革」

「地方議会に、本来、与党も野党もない」と言うこと。さらに、二元代表制のもとでは、市長と議会は、そもそもが"対立"の構図になっていて、対立し議論を尽くした結果、新しい価値が生まれていくものだ、とい言うこと。議会改革とは、定数・報酬の削減が論じられるがそうではなく、議会は修正・否決・提案・公開をしていくことである。

 

パネルディスカッション 「地方議会と直接民主主義について」

"喝采型政治"とは、阿久根市や名古屋市を例に挙げ、誰かを悪役に仕立て上げ、その悪役を攻撃することで、大衆の喝采を浴びようとする政治手法のこと。

 直接民主主義、例えば住民投票や直接請求といった制度が行き過ぎれば、この"喝采型政治"あるいは"ポピュリズム"に陥りやすい。そういった制度の安易な拡大には慎重でなければならない。

 

課題討議 「議会基本条例について」

報告者 佐々木 勇一 帯広市議会副議長

平成2241日施行

 

    玉川 喜一郎 越前市議会議員

平成2241日施行

 

    安本 美栄子 伊賀市議会議長

平成16年合併を期に、自治基本条例、地域にも、いろいろな権限が与えられ、議会の意味が問われてきた。また、在任特例を使いそれも批判された。議会基本条例を作り、市民に開かれた議会を目指す必然性が生じた。議会報告会を義務づけ、反対があったが、反問権も制定。全国の市で初めて議会基本条例を制定。

 

池田 惠一 京丹後市議会議長

平成2041日施行

緊張感の保持、反問権も反対があったが、実行。16名の議員が反問を受けている。反問受ければ、自分の言い分を言うことができる。市長が政策や条例を作る際には、資料の提供を義務付ける。議決権の拡大、執行権の侵害との抵抗あったが実施。総合計画119項目修正。学校の統廃合について、教育委員会との対峙を越えて修正。議会報告会に際しては、持ち帰らない事を胸としている。とのこと。

 

鈴鹿市議会基本条例を平成24年度の市政70周年に際し、制定するとのことで、平成231114日より協議がはじまるが先例市を学ぶ大変よいフォーラムであった。

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
鈴鹿市議会議員 大西克美
鈴鹿市議会ホームページ