鈴鹿市議会《市民クラブ》の公式サイトです

活動報告

1.実施日
平成30年1月29日 から 1月31日 

2.参加者名
大西 克美、市川 哲夫 、原田勝二

3.研修・視察先及び事項
1月29日 広島市
1月30日 朝倉市
1月31日 益城町

4.視察概要
1月29日 広島市  
『平成26年8月月豪雨による土砂災害の対応について』
1月30日 朝倉市 
『平成29年7月九州北部豪雨災害の対応について』
1月31日 益城町 
『熊本地震の災害対応について』


20190301.jpg
■広島市・朝倉市の豪雨災害は、線状降水帯によるものであり、予測不可能といえる状況であった。  
*線状降水帯とは、「次々と発生する発達した雨雲(積乱雲)が列をなした、組織化し 積乱雲群によって、数時間にわたってほぼ同じ場所を通過又は停滞することで作り 出される、線状に伸びる長さ50~300㎞程度、幅20~50㎞程度の強い降水を ともなう雨域」(気象庁が天気予報等で用いる予報用語)とのことです。

■熊本の大地震は、震度7×2の激震であった。  
備えあれば憂いなし言われるが、いずれにしましても、この尊い教訓を生かすには 鈴鹿市として不断の努力を怠ることのないよう、防災・減災に努めなければならない。 

KIMG0016.JPG
平成29年11月15日から11月16日まで兵庫県姫路市で開催された第12回全国市議会議長会研究フォーラムin姫路に市川議員とともに参加してきました。




PB090672.JPG
11月9日、10日の2日間、那覇市の沖縄県立武道館において、「ひとがつなぐ都市の魅力と地域の創生戦略-新しい風をつかむまちづくり-」をテーマに、後藤・安田記念東京都市研究所、日本都市センター及び那覇市との共催により2,200名を超える参加者を得て開催され、市川議員とともに参加してきた。

1日目は、主催者を代表して松浦会長の開催あいさつに続き、東京大学史料編纂所教授の山本博文氏から「多様性のある江戸時代の都市」と題した基調講演の後、開催市の城間・那覇市長が「ひと つなぐ まち-新しい風をつかむまちづくり-」と題して主報告を行った。  

その後、首都大学東京大学院人文科学研究科准教授の山下祐介氏が「人口減少社会の実像と都市自治体の役割-人口とインフラの適正な持続的配置はいかに可能か?-」、また、蝦名・釧路市長が「自然と都市が融合し共生が地域の価値を高めるまちづくり」、さらに、琉球大学観光産業科学部長・教授の下地芳郎氏が「新たなステージに入った沖縄観光-複合的な魅力を有するハイブリッドリゾートへ-」と題してそれぞれ一般報告を行った。


2日目は、早稲田大学理工学術院教授の後藤春彦氏をコーディネーターとして、山岸・勝山市長、染谷・島田市長、株式会社能作取締役産業観光部長の能作千春氏、まちとひと 感動のデザイン研究所代表の藤田とし子氏、沖縄文化芸術振興アドバイザーの平田大一氏によるパネルディスカッションを行った。  

最後に、次期開催地の磯田・長岡市長から歓迎のあいさつを行った後、閉会あいさつが後藤・安田記念東京都市研究所の新藤・理事長からあった。 
1.実施日
平成29年7月10日 から 7月12日 

2.参加者名
大西 克美、市川 哲夫 

3.研修・視察先及び事項
7月10日 市原市
7月11日 八千代市
7月12日 白井市

4.視察概要
P7100572.jpg7月10日 市原市  
『不法投棄に対する取り組みについて』
特に驚いたのが放置自動車の処理に関する条例で、従来3~4ヶ月かかるところを最短1週間で処分できる。
大いに参考にすべきところがあると強烈に感じ、一般質問等を当市て条例制定に向け働きかけていきたい。











P7110583.jpg7月11日 八千代市 
『市民団体支援金交付制度について』
市民活動団体支援金交付制度は、18歳以上の市民が、あらかじめ申請のあったボランティア団体やNPO団体などの市民活動団体の中から支援したい団体を選んで届け出することで、市がその届け出結果を基に団体に補助金として交付する制度。
制度の概要、導入目的、予算配置、市民の反応、成果など。今後の方向性、問題などについて伺った。









P7120592.jpg7月12日 白井市 
『シティープロモーション』
白いの魅力発信課設置にまつわる経緯、取り組み等について伺った。
1.実施日
平成29年4月24日 から 4月26日

2.参加者名
大西 克美、市川 哲夫 

3.研修・視察先及び事項
4月24日 横須賀市
4月25日 鎌倉市
4月26日 相模原市

4.視察概要
P4240541.jpg4月24日 横須賀市 
『エンディングプランサポート事業について』
最期を看取る身寄りのない方々のサポートを葬儀社と締結し、市として取り組む横須賀市の事業。
お骨の処理が多様化するなかでこのような制度は画期的であり、鈴鹿市にも必要かもしれない。











P4250548.jpg4月25日 鎌倉市  
『鎌倉のごみ削減を進める会について』
成24年に「鎌倉のごみ減量を進める会設置要綱」を策定し、同年より施行。
「生ごみ減量」「発生抑制」「広報」の3チームが活動し、既存の組織・団体と連携しながら
ごみの減量啓発に取り組んでおり、参考になるところが多々あると思う。











P4260549.jpg
4月26日 相模原市 
『シティーセールスについて』
概要について伺った後、取り組みに至る経緯、また予算配置と成果、今後の課題などを伺った。
取り組みへのプレセス等多くの面で参考とさせて頂きたい。
1 実施日   平成28年11月 9日 から 11月11日

2 参加者名  大西 克美 、市川 哲夫

3 研修・視察先及び事項
  恵庭市 「生ごみの分別収集によるバイオマス化事業について」
  小樽市 「観光振興と観光客誘致について」
  苫小牧市 「町内会加入促進のモデル地区への支援について」


1 実施日   平成28年 10月6日 から 10月7日

2 参加者名  大西 克美 、市川 哲夫

3 研修・視察先及び事項
  岡山「都市の魅力づくりと交流・定住」
1 実施日   平成28年 8月 9日 から 8月11日

2 参加者名  大西 克美 、市川 哲夫

3 研修・視察先及び事項
  金沢市 「金沢市における学生のまちの推進に関する条例について」
  富山市 「シティプロモーション推進事業について」
  鯖江市 「うるしの里会館について」

1 実施日   平成28年 7月 3日 から 7月 5日

2 参加者名  大西 克美 、市川 哲夫
3 研修・視察先及び事項
  高知市 「高知市まちづくり未来塾について」
  丸亀市 「浄水場小水力発電について」
  高松市 「高松丸亀町商店街再開発事業について」

1 実施日   平成28年 2月16日 から 2月18日

2 参加者名  大西 克美

3 研修・視察先及び事項 
  水戸市 「中心市街地活性化について」
  柏市 「オンデマンド交通について」
  袋井市 「命山について」
  

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
鈴鹿市議会議員 大西克美
鈴鹿市議会ホームページ